車査定における下取り金額を高める方法

下取りに出すと車査定士の手によって、査定が行われます。

車査定士は、国家試験ではありませんが、資格を持っていないと、基本的には車の査定は行えません。下取りに出すと、必ずその車の査定が行われます。通常査定は無料で行ってくれる場合が多いです。実際には30分前後はかかるので、料金が取られてもおかしくは無いのですが、ほとんどサービスの一環として行ってくれます。外観から内装、エンジンルームから、足回りや下回りりなども調べられます。通常は見えない部分なども、内張を剥がして調べる事が行われます。エンジンなども回してみて、異音などが出ていないかが確認されます。持ち炉音、走行距離や車検証の状態なども調べられ、室内のスイッチ類もすべて作動させて、異常が無いかを確認していきます。

とにかくその車を下取りをした後、そのお店で手を入れる必要があるかどうかが一番のポイントとなり、そのまま店頭に並べる事が出来れば、まともな価格で下取りが行われます。問題がある様なら、そのことを指摘し、マイナス査定として安い料金が示されます。それに持ち主が納得すれば商談は成立となります。また、オーディオやナビなどが装着されているとその商品にもよりますが、プラス査定が行われ、通常よりも高い価格で下取りが行われます。このように、査定用紙はポイント制で、この点はプラス、この点はマイナスという風にチェックが入れられ、トータルのポイントで下取り価格が決められます。下取り時の車査定はおよそこんな感じです。