車査定における下取り金額を高める方法

車査定をして高値で下取りをしてもらうためのコツ

新しい車を購入する事を検討し始めた際、今現時点で乗っている車を買い取ってもらって、新しい車を購入するか、下取りに出して購入するか、どちらかで検討されるかと思います。買取と下取り、同じような意味かと思っていましたが、違う方法のようです。買取は、車屋さんに車査定を行ってもらって、その金額で車を買い取ってもらう事。一方下取りとは、車の査定金額を新しい車の購入費に充当する事が出来るそうです。簡単に言えば、新しい車購入の頭金などにして、残りの金額を支払うということが出来るということですね。

さて、その下取りですが、車査定の際にはどのような事に気をつけて行えばいいのでしょうか?いくつかポイントがあるようでしたので、ご紹介します。まず1つ目は、1社の査定金額では下取りを決定しない事です。ネット上でも複数社の査定を一気に掛けることができますが、中古車屋さんや査定専門店に行った際にも、1箇所だけではなく、何箇所か金額を出してもらう事がポイントです。場所によって金額がだいぶ変わることもあるようなので、これは大事ですね。次に2つ目ですが、査定の前に、車の掃除はきちんと行っておく事がポイントになります。外装はもちろんですが、車内もきっちり掃除をしておくのが大切です。トランクルームやシートの隙間、汚れなども落とせる限りは落としておくとよいでしょう。また、車につけている装飾品などは、外しておいたほうが良いようです。カーナビやオーディオはそのままのほうが、高値になる可能性があるので、次の車に乗せ変えないのであれば、そのままでも良いかと思います。後は、車の消臭もお忘れなく!おタバコを吸っていた方や、ペットを乗せていた場合は、においが染み付いていて、査定金額が下がる場合があります。最後に、車を下取りに出す時期ですが、新たに車の購入が増える時期、3〜4月は比較的、車自体の価格も上がる傾向にあるようですが、車種によっては時期がずれる場合もあるようなので、リサーチしてから下取りに出すと良いかもしれないです。

これまでが、車査定をして下取りに出すときの大きなポイントです。後は、査定をする車屋さんとの親しさによっては、少々高値にしてもらえるケースもあるようなので、車屋さんと仲良くなっておくと良いかもしれないですね。